車買取

車買取で起こりうるクレームについて

投稿日:

車買取成立後のクレームについて

車買取でのトラブル事例として実際に起こるのが売却の契約を完了して買取金額が振り込まれた後で起こるクレームです。このようなことが多数報告されております。例えば、売却契約の成立、お金の振込みがあったにもかかわらず、数日後になって再査定を行った結果、車に不具合が見つかったため契約を無効とし、代金を戻してほしいというケースもあります。全額ではなくても、減額となって振り込まれたり減額分の請求書が届いたりと言ったこともあるようです。

せっかく車買取契約を交わしても何だか腑に落ちませんよね。プロの査定士が一度価格を付けたにもかかわらず後にクレームと言う業者は信用できません。大手の業者であっても時にそのようなことがあるようです。しかし、中にはクレームを対処するための制度を設けている買取業者もあります。大手のガリバーです。クレームガードと言う制度を設けているのです。これは売却後のクレーム保証制度であります。

内容としては、売却後にオークション会場から車の機関系についての不具合が見つかったと言うケースで、本来はかかってしまう修理代をガリバーで負担してくれるという制度なのです。買取金額にもよりますが、1台5千円ほどからという価格設定になっております。このような制度が作られるということからも、売却契約の成立後にもクレームが起こる可能性がそれなりにあるんだということがわかりますね。車買取はそれだけに大手の業者の方が安心できるという良い例ではないかと思います。買取業者選びは慎重にしましょう。

車買取業者が行うクレームガードという制度とは?

車買取業者の大手ガリバーが実際に制度化しているクレームガード保険というのをご存知でしょうか?これはユーザーの中でも賛否が分かれているようです。この保険の内容は、買取契約締結後に、オークション会場などで指摘されて発覚した機関系の不具合について請求される修理代金を、保険に加入している方にはガリバーで負担しようという制度です。つまり、未加入の場合は修理代金を契約後でも請求するということになるのです。

実際に、買取契約を破棄させられて車が戻ってきたり、代金の返却請求が届いたりなどといったトラブルは他の業者でもあるようです。悪質な業者の場合は、契約破棄だけではなく、それまでの車の保管代金まで請求してくるケースもあるようです。クレームガード保険の場合は、1台当たり5千円からという価格設定で、まるでお客さんを守る制度かのように説明されますが、実際に請求される確率としては低いのは確かです。どのように考えるか?ということになりますね。

車買取の際は、査定士がプロであるわけですから査定額が決まった時点で、契約が完了した時点で本来であればクレームが起きないものであるはずです。ですので、なおのこと買取業者の選定には慎重にしなくてはならないとも言えるでしょう。複数の業者から査定見積りを取るサイトなどを利用して、5社以上から買取査定を受けてじっくりと買取先を選ぶことが、トラブルの防止にも繋がります。より安全な車買取が出来るよう気をつけましょう。

-車買取

Copyright© 高知で車買取を依頼するなら絶対ココがお勧め!【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.